基地ログ!@ブログ名、変えました!

小さい頃から考えてた基地作り。アメリカで始めました!セカイに作る基地の活動ログ。

無法の花火

このタイトルで、文章をまとめてみたいと思ってから4日が経つ。その間に、すでに世の中は、次の幕にコマを進めてしまって、書こうとした手が、キーボードの上で彷徨う。

イベントが起こってからすぐに発信しないと、言葉自体の鮮度が落ちる。記録するためのブログなら尚更。書こう、とにかく。

*  *  *  *  *

’Hana bi everywhere' と、私のカエルメールに、旦那がレスしてきた。

「え?もう11時近くなのに?」

アメリカの独立記念日。それぞれのコミュニティで行われるお祝いの花火が終わった後も、ロサンゼルスのあちこちで、花火は上がり続けた。あれだけ事前に、警察や消防署の警告があったのに、違法な花火は、年々、その規模が大きくなっているような気がする。花火が上がっている地域から想像すると、打ち上げている輩の多くは、メキシコ系をはじめとするヒスパニックのコミュニティである可能性が高い。

国境を渡り、不法滞在して、ここで市民権を得た移民たち。彼らが上げる花火は、確かに、アメリカの国の誕生日を祝うには相応しいのかも知れない。

でも、今年のその違法の花火達は、一部のこの街の住人たちに、別のことを想像させた。

' It's a war.'

カエルメールにレスした本人は、手放しで花火を楽しんでいるわけではなかったのが、帰ってからの一言で察せられた。

バングラディッシュ、ダッカと続いたテロが、独立記念日もターゲットにしていたら。独立記念日を前に、それを懸念していたのは、私だけではないだろう。それでも、そういう心配をすること自体が、テロリスト達の思う壺なのだとわかっているから、どこかで、みんなその思いを隠そうとする。

真夜中まで続く花火は、「これがもし戦争だったら」という思考に誘導させるには、十分なインパクトを持っていた。

そう思ってしまった自分に、私は「チッ」と舌を打つ。本当の敵は、自分の頭の中にいる。情報に踊らされ、状況に反応し、感情で動く。

無意味な行動を起こさないためにも、自分の体と頭の整理を、こんな時だからこそしてみる。ダラスの白人警官を殺した犯人のようにね。あれは、極端な話だろうって?いや、私はそうは考えないんだな。現象が小さくても大きくても、種を見つけるところから、始めないと、ホントの平和はやってこない。

 そんなことを考え始めた独立記念日の夜。

f:id:Chanomahouse:20160625035616j:plain