基地ログ!@ブログ名、変えました!

小さい頃から考えてた基地作り。アメリカで始めました!セカイに作る基地の活動ログ。

「怖いもの、なくなるわよ」と姐さんは止めた。〜脱出先はメキシコ〜

「若い娘がメキシコなんて行っちゃうの、どうかしらね。」

と、クレちゃんが、ボブの黒髪の間から、クリクリとした目を光らせて言う。

 

 私は、まずメキシコに行くと決めた。

 そして、メキシコに住んでいた、母の友人のクレちゃんのとこに、相談に行った。

f:id:Chanomahouse:20170117101227j:image

 

じゃ、何でクレちゃん、行ったのよ?

 

「私は知らなかったからよ。」

 

岩国基地の近くで育ったクレちゃんは、英語も得意で、確か化粧品会社の仕事で、

世界中を回っていた。

 

何を思ったか、メキシコのタスコに行くと決めて、何年かそこに住んだ。

 

「家に帰ったらね、死体が転がってるの。びっくりしちゃうわよね!」

クレちゃんの話は、面白かった。とても、怖がってるように思えない。

「ね。怖いもの、なくなっちゃいそうでしょ?」

クリクリの目が笑ってる。

「怖いものがない女なんて、嫌がられるんだから」

私は、メキシコに行くことにする。

 

実は、私の最終目的地は、メキシコではなく、スペインのマラガだった。

マラガで絵の勉強をしようと、手続きを始めていた。

 

そんな時、メキシコから手紙が来る。

まりこさんからだ。

インターネットなんてない時代。

よく手紙なんかで、やりとりしてたと今だから思う。

 

「ひろみちゃん、スペイン行くの?メキシコ、寄っていかない?

 私のカメラ、持ってきてほしいのよ」

 

まりこさんは、私より4つ上で、同級生のお姉さんだった。

3浪してまで、芸大に入ったのに、1年で、メキシコ人と結婚して、中退。

彼女が芸大の、今はなき上石神井の芸大寮にいる時、よく遊びに行った。

 

まりこさんとのメキシコの日々を、私は、いつか文章に書く日が来るかもしれない。

そう思っていたが、今、キーボードを叩きながら、

「まだ書けない」と思う。

 

なんでだろう?

 

プライバシーの問題とか、出せない名前があるとか。

 

でも、一番の理由は、私が今、あの頃の自分の感性で、生きてないからだ。

 

彼女は、紙一重のアーティストで、

それに振り回された私も、その頃は、アートの道を何らかの形で歩むと思ってた。

 

研ぎ澄まされた神経は、時には、狂気のように、

社会的には、ナンセンスで、荒唐無稽な行動を起こさせる。

そんな日々も、メキシコにいると、そのカオスの中で溶けてしまう。

 

あの日々を振り返るには、私は、そこから離れ過ぎてしまっていて、

その意味が多分、解読できない気がする。

 

一つだけ、書けることは、彼女と過ごした日々のおかげで、

確かに、怖いものが、だんだんなくなっていった。

 

ほぼ無一文で、 ユカタン半島までヒッチハイクして行ったり。

内戦中の中米を一人で旅行したり。

ユダヤ人の医師と一緒に、戦争中の軍部の司令官に会いに行ったり。

そこから、キューバに渡って、

この間、亡くなったフィデル・カストロに偶然会ったり。

 

f:id:Chanomahouse:20170123144412j:image

 

うーん。書きながら、思った。

 

なんて、無謀なやつ。

何かあったら、日本で「自己責任」とか言われるパターンだわ。

22歳の時だ。

 

自分の歴史を辿りながら、私は、親の目で自分を見る。

 

うちの娘たちが、22歳の時、こんなことをしてたらと思うと、

こまるよね、ほんと、親として。

 

怖くて、体が、今、一瞬、硬直したよ。笑

 

結局、私は、スペインに行くことなく、まりこさんのいるメキシコに残る。

 

「征服した国より、征服された国の方が面白いよ」

 

彼女は、私の何かをその時点で、征服した。

 

そして、留まったメキシコで、私は人生最大の洗礼を受ける。