基地ログ!

旅するカッパのチャノマハウス。時々開店、河童バー。

旅の途中

11月の終わりの日、庭のナスを食べた。

 

f:id:Chanomahouse:20171202001114j:image

 

ジムのサウナで、二週間前に痛めたムチウチの首を温めたあと、ロッカーを開ける。

 携帯に、「 🍆 」ダーからのメッセージ。

 ナスを料理しろってさ。

 

もう11月だというのに、ロサンゼルスは相変わらず暖かい。

今年は、15ガロンのポットで育てたナスが、

今も花をつけていて、時々、こうして食卓に並ぶ。

 

ナスくん達がキッチンにやってきて、

「ほら、見ろよ!オレ達、ぴかぴかだろ?」って

自慢してるように思えるほど、立派なナスくん達だ。

 

事故で弱ってた私の気持ちを、

濃い紫のぴかぴかは、元気にしてくれる。

 

今度、寝たきりになるなら、

お庭の見えるところにベッドを置こう。

 

そんなことを考えてたら、ある女の子に出会った。

 その子は、もう人間としては、この世にいないけど、

彼女が病に倒れてから、ずっと書いていたブログを、

読ませていただいた。

 

www.huffingtonpost.jp

 

 

 残りの人生がちょっと短くなるかもしれないってわかったからって、

何かを急に変えなきゃいけないとか、

特別なことをし始めるとか、

多分、自分は、そういう死ぬまでの生き方はしないんじゃないかと思う。

 

このデザイナーの女の子は、

癌だとわかった後に、毎日をそのまんま続けていくことを選んだ。

その日常がブログに綴られる。

29歳で亡くなった彼女、私の上の娘と同じ歳だ。

 

この子は、最後もギリギリまで一人暮らしをすることを選んでる。

お母さんと同居するようになったのは、

本当に最後の最後、自分で自分のことができなくなってから。 

 

私の娘でもないのに、

なぜか、その彼女の選択や生き方が、

とっても誇らしくて、

私は、いつも書きかけてやめてしまうブログを

今日は書き切ってみようと、

ちょっと頑張ってる。

 

もっとたくさんの人に、

彼女に出会ってほしくって。

 

私たちは、死を忘れているけれど、

死は決して、私たちを忘れていない。

 

それ、どこで読んだ言葉だったかは忘れたんだけど、

時々、心の底から取り出してみる言葉だ。

 

だから、毎日が大事。

だから、普通の1日を好きになれる生き方をしたい。

 

そんな今日は、

明日が誕生日の私にとって、

54歳最後の1日です。

(日本時間では、もう2日になってるけど)

 

 

朝からジム来て、

サウナ入って、

運動して、

ロビーでラップトップ開いて仕事して。

 

まるでバケーションのような1日。

珍しく、ラップトップの前にがっつり座って

ブログ書いてるのも、この記事に出会ったから。

 

小さなことかもしれないけど、

小さな大事なことがたくさんあって、

そのひとつひとつを愛おしいなと思える日々。

 

私はそんな旅の途中です。

私たちは毎日、死ぬ。だからブログ書こう。

書きたいことは毎日ある@夏日の夜中

 

 自分の中に、「好奇心」という生き物がいる。

 そいつは、朝目覚めた時から、夜寝るまで、

 恐ろしく活発で、いつもキョロキョロしている。

 

 面白いことに飢えていて、

 まるで、腹ペコアオムシみたいに、

 セカイを歩きながら、

 片っ端から食べてしまうような勢いだ。

 

 こんな腹ペコ好奇心虫を宿していると、

 半端なく疲れることもある。

 

 このところ、その疲れ方が、5歳の男の子みたいだ。

 その辺の草っ原を思い切り駆け回ったあとのように

 パタッと倒れこむ。

 

 あぁ、そうか。

 

 こんな感じで、

 いつかパタッと死んじゃう可能性だってあるんだ。

 

 書きたいことはただひとつだけ。

 

 どれだけ、私がこのセカイのことが大好きかってこと。

 

 好奇心は、もっともっと、このセカイを好きになりたくて、

 いつもキョロキョロしてるんだよ。

 

 思い切り1日を生きて、

 夜になると、パタッと倒れる。

 

 毎日生まれて、毎日死ぬ。

 

 だから、いつ死んでもいいように、

 これからブログを書くことにする。

 

  

 

天才が大人のコックピットに座る夏。

 

それは、ある日、突然、やってくる。

 

ほんの日常の一瞬。

誰かが、スッと、その事実を何かに書いて、

心のメールボックスにコトンと落とす。

 

「そっか、もう自分の基地を持ってるんだ、私。」

f:id:Chanomahouse:20170802020523j:image

 

セカイを庭にー

2017年の夏、ロサンゼルスで庭仕事三昧の日々を送る遊牧民かっぱです。

 

ちょうど三日前の8月1日、

晴れて(ロサンゼルスは年間300日は晴れてます)、

1500ドルを捨てて、

やりたいことを最優先して、

 

自分の部屋を作りました〜!

 

どういうことかというと、

 

うちは、ロサンゼルス国際空港のすぐ近くの繁盛してるAirbnb。

二階の4部屋を貸してたんだけど、

常連さんがある日、私の下のオフィスを気に入って

「ここがいい」というので、

自分の仕事場を明け渡したのが4年前。

 

以来、もっぱらリビングに机を置いて

(ガレージに畳を敷いて作ったリビングルームで

 その一角と言っても結構広い)

そこで仕事をしていたわけです。

 

しかーし。

 

3年前から、日本での基地作りリサーチを開始するようになって

日本とのスカイプ会議が頻繁に入ってくると、

早朝とか夜遅くとか、

隣りの部屋のゲストが気になって、

話に集中できない。

 

さらに、

これは前からだけど、

 

旦那がうるさい。

 

「遊んでー」とは声に出さないけど、

私がPCの前にいると、すぐにちょっかいを出す。

 

FBとか、友達とチャットして

遊んでると思うらしく、

仕事してても信じてくれない。

 

いつか、オフィスを取り戻そうと思いつつ、

そこから入ってくる収益を捨てられなかった自分。

 

あー、情けない。

 

ブログカレッジに入ったのも、

「これからネットでまた稼ぎますよー」の、

旦那に対するアピールの伏線だったというのが、

実は半分以上あるかも。笑

 

決意して、

一階の部屋の掃除を始めたのは二週間前。

 

すでに予約が入っていたゲストの部屋を、

一階から二階の部屋に移させてもらって、

下の部屋をリスティングから外す。

 

この部屋が気に入って、

直接連絡してくる常連さんにも事情を説明して

やっと、次の日本行きまでの約1ヶ月、

この部屋を自分だけで使えることに!

 

掃除機をかけて

すっきりした部屋を歩いている時に、

その音が聞こえた。

 

「コトン」

 

私、もう基地、持ってるじゃん。

 

自分で、選べばいいだけじゃん。

 

自分に必要なもの。

これからの人生をデザインしていくための環境。

 

すべては、もうここにある。

 

それに気づいた一瞬が、

8月1日。

 

今をデザインしたのも、自分。

 

いつまでも、あの小学4年生の時の精神年齢と好奇心で動き回る、

近頃流行りの多動なオバハンは、

この日を境に、自分が大人であることを、悪くないと思うようになり、

心は天才な子供のまま、

大人に頼まなければ、

いろんなことが出来ない不自由な子供ではない自分の立場を愛で、

この人生のコックピットのごとく、

新しい部屋で、

次の航路を描くのでした。

 

 

 

 

 

真夜中のポルトガル飯

あと5時間少しで、サンフランシスコへ向かって車を走らせるという夜に、台所に立って、スイートポテトを剥き始めてしまった。

 

f:id:Chanomahouse:20170402143006j:image

 

頭の中では、この間、日本に行った時に飛行機で見た「Mr.Church」の最初の台所のシーンがカタカタと映写機の音と、バックに流れるジャズと一緒に再現され、Mr.Churchがくわえたタバコの代わりに、

 

f:id:Chanomahouse:20170402143438j:image

 

緑の日本酒の瓶の底に、少しだけ残った液体を、その液体以外は受け付けたくないと、常々主張している器に入れて、

 

f:id:Chanomahouse:20170402143749j:image

 知りもしないジャズを知ったかぶりして流す代わりに、サタデーナイトの賭けでもするように、気合いを入れて、ダウンタウンのクラブに行くのだと、頬骨高く、しかし、敢えて、その興奮を隠す、ビジネストリップで数週間滞在するブラジル人の青年たちのポルトガル訛りのある英語に耳を傾けながら、フライパンを揺らす。

 

そんな訳で、出来上がった残りモノで作ったチャーハンは、ポルトガル飯と命名した。

 

f:id:Chanomahouse:20170402142720j:image

 

最近、お気に入りの黄緑色の鮮やかなブロッコリーの入ったチャーハンは、何故かポルトガルの色は黄緑と決めている私にとって、ポルトガル飯以外のナニモノでもない。

 

明日、出かける前に、卵🥚をチョンッと割って入れて出来上がりの予定。

 

おやすみなさい。

では4時間後に。

第2話 「カナザワ、熱くね?」

おはようございます! 

青い髪(グレーのはずが、、、)になったアラフィフ母さん、

基地ブロガーのかっぱです。

 あと20時間で飛行機に乗って、日本に向かいます。

 

さて、アラサー男子ユニット「カナデル」の話を続ける前に、

なぜ、カナザワ?

 

「それは、るってぃがいるからです!」

 

金沢出身、エアビブロガーるってぃ。

チャノマハウスで朝食中の図。

これ、NYに行った後に泊まりに来た時だよね?

f:id:Chanomahouse:20170314183725j:plain

 

ブログカレッジに入って、

すぐに、落第生だと自覚した。

 

それで、学生時代、嫌いな授業の時に、

机の上に落書きしたり、手紙回したりするノリで、

そのサロンに参加しているブロガーチェックを始める。

「話、合わないわ、こりゃ」

うちの娘くらいの年の若いブロガーがほとんどの中で、

ぜーんぜん場違いな感じで、

ほぼ諦めかけてた時に、見つけたのが、るってぃ。

 

airlog.jp

私がやってるAirbnbのブログ書いてるじゃん!

しかも、11月のAirbnb Openに、ロサンゼルスに来る!

コンタクトして、「うちに泊まりにおいでよ」と誘う。

(ピンと来たら110番 アクション起こすのだけは速い!)

 

「行きます!」

ふたつ返事で答える、その軽さ。

いいなぁ、るってぃ。 

 

2016年11月、チャノマハウスには、

日本からのAirbnbホストがたくさん集まった。

そこで結成したカズンズ主催のイベントを金沢で開催することになった。

 

でも、実は、そこで金沢を選んだのは、るってぃがいたからではなく、

(だって、るってぃは新宿のパン屋さんに住んでるんだもん)

http://airlog.jp/kettle/ ←るってぃ生息地、が、ほとんど仕事はスタバらしい

 

で、なぜ、WHY? Porque? カナザワか?

それは、

 

この人。

奈緒ちゃん。

 

f:id:Chanomahouse:20170314060656j:image

このふてぶてしい顔つき、みてやってください。

(カナザワの方、ご安心ください。この方は、カナザワ産ではありません)

気取れば、ちょいと、大正ロマン風美人にもなる、この方。

3年前、ロサンゼルスのチャノマハウスに雪崩れ込むように辿り着き、

その言動と行動の怪しさに、日本人であることを疑われ、

ヨーロピアンの他のゲストたちに

「えー?休暇10日?信じられな~い!そんな短くて何が出来るの?」

と驚かれてた奈緒ちゃん。

「会社にかなり無理言って取った休暇が、その言われ方!」

と怒っていたが、顔は笑ってた。

おまけに、この方、一旦チェックアウトしたはずが、

舞い戻ってきて、「飛行機、乗り遅れた」って。 

いるよなぁ、そういう痛いことする奴。。。 

 

でも、話すと、意外とちゃんとしたアーティストでもあり、

サンフランシスコでは、シンギュラティ大学行って、

NASAのドミトリーに泊まって、とか、わけのわからない面白さで、

わけのわからないもの好きの私としては、

もっとこのわけのわからなさを共有したい!と思わせてくれた、

数少ない日本人のひとり。

 

知らないうちに、刷り込まれた人生を送ろうとしてたり、

とくかく楽に生きようという魂胆で、

金持ちになろうとしてる人とか、

わかりやす過ぎて、つまんないじゃん。

 

私のわくわくは、わけのわからないものに出会う

気温が上がって、活性化するというのを発見した、奈緒ちゃんとの出会い。

 

 2015年、4年ぶりに日本に帰った時、

その奈緒ちゃんに会いに行った。

そのときにご一緒したご主人がこれまた、いとおかし。。

半日、カナザワを案内していただいた。

 

そして、カズンズというAirbnbホストの集まりにふさわしい、

Airbnbブロガーのるってぃが、アメリカ行きのためのクラファンして

その報告会も含めたイベントを金沢で開催!

そこに、飛んで入った夏の虫 

やってきたカナデル、ガマちゃんとほーく。

 

2017年1月29日、

私のワクワクの胸のうちを隠すように積もった雪景色、

旅は本人たちも知らないうちに始まっていた。

 

 

第1話アラサーこじらせ系男子ユニット、「カナデル」誕生!秘話(隠してないけど)

「金沢、一回出てみたら?」

と、おもむろに言ってみた。(かっぱ相談所、背中押し隊々長)

 

出会いは、2016年1月29日。

 

カズンズ*1初の主催イベント「金沢HACK!シェアリングが地方を変える!」。

 

約30名の参加者でグループワーク中。

ファシリテーターするのは、久々だけど、こうして人が集まると、

昔やってたことが自然に出てくる。

 

ま、3年近く、日本中まわってましたからね。*2 ファシリテーター、モデレーターという言葉は、今では、ビジネスや教育の場でも使われることが出てきたけど、私はその時、初めてその言葉を知って、当時、まだシングルマザーで、自分のブランドを立ち上げることに模索していた、ローラル・ラングマイヤー*3から直接習ったのは、今にして思えば貴重な体験。

 

グループワークで、それぞれのテーブルで話してる時、

参加者ひとりひとりを把握していく。

そこにどんな人たちがいるかを、直感で記憶していく。

 

事前情報で、どんな人が来るのか、ある程度わかってたので、

その確認も。

 

ん?

データ不明の、青いとんがり帽子発見。

f:id:Chanomahouse:20170313073022j:image

細身の青いニット帽をかぶったおにいちゃん。

ボソボソしゃべっとんなぁ。

誰だろう?何見て、このイベントに来たんだろう?

 

ガマちゃんは、その30人の中で、正体不明のひとりとして

目にとまったのでした。

 

ホークは、実は、私が去年から参加している「ブログカレッジ」*4の講師。

ブログカレッジ落第生の私は、途中から、自分でブログを作るより、

手っ取り早く教えてくれる人、友達になれる人を探すことが日課になり、

その中で、一番まともに教えているホークに目をつけたのです。(なんと!)

 

ロバート・キヨサキが教えてくれた。

「学校ではカンニングは駄目だと教えられるが、

 実世界ではカンニングが出来ないと生き残れない」

 

はい、私にとって、ホークはカンニングさせてくれる人なのです。

 

金沢在住ということで、ちょっと声をかけてみたら、来てくれた。

ブログカレッジにいるAirbnbのブロガーのるってぃのアメリカ報告会もあるので、

その時間に、だるそうに現れた。

あとで聞いたら、ほとんど徹夜明けだったらしい。

 

ということで、役者がそろう。

 

カズンズのイベントが終わって、みんなで打ち上げ会場へ。

 

f:id:Chanomahouse:20170313073137j:image 

このイベントが金沢で開催されたのは、

3年前に、ロサンゼルスのチャノマハウスに宿泊した奈緒ちゃんが金沢に住んでるというのが

一番の理由だったが、この3年の間に、奈緒ちゃんは、赤ちゃんを産んでた。

 

会場では、さすがシェアリングのカズンズ!

 

ちーちゃん様が「ベイビーシェアリング」の名の下、

シェアされまくってました! 

 

その赤ちゃん、ちーちゃん様を、打ち上げ会場までお連れするホーク。

この妙な自然さ!

 

この段階で、背中押したい気分が、

俄然、盛り上がってきた、背中押したい隊長!

 

ホーク、危ない!

逃げろ!

逃げるんだぁ~!

 

(つづく)

 

 

*1:2016年ロサンゼルスで開催された民泊サイトAirbnbのコンベンションAirbnb Openで、チャノマハウスに集まったAirbnbホストを中心に作られた、シェアリングを広め、世の中を楽しくしようとする活動をするグループ

*2:かっぱ@ロスとして、20世紀末にネットデビューして、当時のSNSの主流であったメーリングリストで、ロバート・キヨサキのベストセラーでも紹介されたボードゲーム「キャッシュフローゲーム」の代理店&ゲームファシリテーターとして起業、日本各地をゲーム会をして巡業。

*3:「The secret」のビデオにも、お金の専門家として出てくる女性起業家。

*4: 

synapse.am

【Mixi掘り起こし日記】LOOK UP !セカイカメラツアー頓知ツアー@SFO

今、プロフィールをまとめるために、自分史を書いてる。

ちょうど今、上の娘の誕生について書き始めた。

Mixiで一度、書いたことがあって、それを探してたら、

いろんな記事が出てくる。

これは、やはりMixiで知り合ったセカイカメラの井口さんと

初めてオフラインで会った時のことを書いたポスト。

あれから、もう10年近く経つ。彼の活躍はご存知の通り。

 

 

2008年10月8日

 

 帰着ぅ~!@SFO-LAX

  とっても楽しい旅でした。いろんな意味で。

  バージンアメリカも、初体験。
  やっぱ、かっこいい。
  伝説のフライトプロジェクトのイメージが膨らむ。

  SFOに降り立って、気づく。

  「そういや、しばらく使ってなかった、ここ」
 
  すっかり新しくなったSFOをあちこち歩き回る。
  何年か前、まだ改装中の時、ここにあるミュージアムショッ
  プで、奈良くんの本を見つけて何かうれしくなったのを思
  い出した。そのショップ、今でも日本のモノが結構ある。

  今回の旅の主役が到着するまでの2時間、空港でしっかり
  おのぼりさんをした。
  
  主役は、まだ見ぬマイミクさん。
  スカイプで交信したこともあるし、YOUTUBEに出てるプレ
  ゼンなどの動画で、見逃すことはない。(と思ってたのに、
  実は、彼の前に出てきた人に、声をかけてしまったー笑)
  
  シリコンバレーを、電車とタクシーで回るという暴挙を止め
  るために、そのタクシーの代わりに、ドライバーを申し出た
  この3日間。ま、それだけではなく、今回の渡米が、私が紹
  介した応援団&エンジェルのM氏に会うという目的だったと
  いうのもある。

  「何かアポ、僕だけみたい(笑)」
  「え?マジですか?ちょっと誰か探さないと(汗)」
  「うん、今ね、いろいろお願いしてるとこ」

  紹介したM氏のサンフランシスコ出張に合わせてくるという
  Mr.トンチのために、応援団M氏が、シリコンバレー関係者
  に、

  「セカイを変えるMr.トンチです!」

  と、セカイカメラのデモと、プレゼンの動画をメールした。
  次々に、レスが来て、名だたる方々とのアポが決まった。
  (そのすごさが全然わからない私は、今回、完璧ドライバー
   でしたがー笑)

  セカイカメラのことを知って、メールしてきたシリコンバレー
  在住の発明家さんつながりで、グーグルの天才R氏にも会う。

  VCの人とか、エンジニアとか、ちょっと普段は関わることの
  ない人達、こんな機会でもないと会えない。

  脳の使ってなかったところに、ちょっと皺が増えたかも。

  でも、何せ今回は、ドライバー&時々通訳。
  半分、観光ドライブ気分で、秋の風が気持ちいい、久々のサン
  フランシスコを運転。覚えてたはずの地理を、記憶の底から
  呼び戻すのに、今回は随分時間がかかってしまった。

  それでも、サンフランシスコは楽しい。

  「あ、ここ、こんなのが出来てる」
  「ジャパンタウン、こっちに広がってるんだぁ」
  「こんな店、絶対ロスにはないよねー」

  道に迷いながらも、楽しんだ。

  助手席に座るMr.トンチはそれどころではない。
  この3日間、彼のテンションは、ずっと張ってた。
  リラックスする場面でも、リラックスできない様子だ。

  (汗)ったり、 緊張したり、興奮したり、がっくりしたり、怒ったり。

  会う人、会う人、その道では名の通った人ばかり。
  アメリカという異国の地。英語でのプレゼン。VCとの交渉・・・

  「運転、大丈夫ですか?疲れてませんか?」

  と、時々、お気遣いいただいたが、精神的な労働がないので、
  こっちは全然平気。(元が図太い?-笑)

  最後のアポが終わって、Mr.トンチの宿のあるダウンタウンへ
  帰る途中、ダウンタウンを一望できるフリーウエイから、Mr.ト
  ンチがつぶやいた。

  「サンフランシスコって都会なんですねー」

  立ち並んだビルの夜景。
  
  こんなにいろいろ回ってたのに、Mr.トンチには、周りを眺めて
  いる余裕もなかったらしい。助手席でも、ずっとメールをチェック
  したり、iPhoneをいじってたりしてた。

  Mr.トンチの9月に行われたテッククランチの彼のプレゼンの中
  には、「LOOK UP!DON’T LOOK DOWN」という言葉が
  繰り返し使われる。

  「ずっとLOOK DOWNだったね(^^)」

  景色を楽しむ余裕はなかったけど、この3日間、Mr.トンチが、
  セカイをLOOK UPして、新たなセカイへ旅立つ決意をしたの
  は確かだ。

  助手席で、LOOK DOWNばかりしてたMr.トンチをホテルに
  送り届けた後、サンフランシスコの町を、あてもなく、1時間ほど
  ドライブした。

  ロスと違って、市内の交通の便のよいこの街では、夜遅くにな
  っても人通りがある。

  人のぬくもりを感じる街を車でめぐる。

  チャイナタウン、金融街、港、ジャイアンツスタジアム・・・
  
  こうやって、いろんな場所に行き、いろんな人に会い、自分の目
  で確かめるという、ただそれだけの行為が、未だに楽しい。

  この4日間、インターネットには全くアクセスしなかった。
  
  LOOK UP。

  セカイはまだまだ広くて、エキサイティングだ。